行政書士中村裕司の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成29年動物法務研修〜業界の基本用語を話すように実践はしている〜

<<   作成日時 : 2017/04/08 11:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

3月21日(火)は大阪府行政書士会館に行き、動物法務の研修を受けてきた。
今回は13時半から16時半までの3時間の研修である。
画像

顔認証システムによる出席確認をした後に受講料を支払い、資料を受け取ると講師が書いた本を配布された。
画像

講師は動物法務の第一人者の方で東京都行政書士会の方である。
そして、本の紹介もしていて今回頂いた本は10年以上前に書いたもので最近の法改正などには対応していないとのことだ。まあ、余りをくれたと思ったが、法改正は自分で対応したら済む話なので基本的な知識の取得には役に立つだろうからぜひ読まなければと思った。
近年といってもいつから近年か分からないのだが、ペットブームだけでなくペット飼育可のマンションの増加により、ペットビジネスが拡大し、それに伴い動物法務の需要も増してきた。
行政書士として動物法務としては、許認可と基本法務(契約書作成等)が中心となり、その辺りを具体的に教えて頂いた。
また、業界の基本用語も教えて頂いた。といってもこれは有名な話なので知ってはいるのだが。すなわち、犬はワンちゃん、猫はねこちゃん、えさはフード、オスがオトコノコ、メスがオンナノコと呼ぶとのことで、私もそう話すように実践をしている。
こういった超基本的な話から動物法令の概観を説明して頂いた。すなわち、動物愛護法、動物健康衛生法、就労動物法、野生動物法、産業動物法の基本的な話から進んだ。途中、鳥獣保護法の話が出てきて懐かしいと思った。刑法で出てくる論点があるからね。
画像

こういった話の途中で休憩を2回挟んだ。トイレに行くために4階に上がるといつの間にか避難経路図が掲げられていた。前からあったっけ?
後半は動物関連の許認可の話とペットトラブルの話が中心で、後者はさらに売買トラブル、咬傷トラブル、近隣問題(騒音)、医療事故、その他のトラブルと別れ、それぞれ説明をして頂いた。
私自身、ペットトラブルを聞きたかったのでようやく本論だと思ったら時間がなく得るものが少なかった。
画像

というより、3時間の講義のうち1時間は私にとって無駄な話だったため、決して有意義な講義とまではいえなかったものの資料と頂いた本を読んでその分をカバーしようと思ったのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成29年動物法務研修〜業界の基本用語を話すように実践はしている〜 行政書士中村裕司の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる