行政書士中村裕司の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら「柿もと」その1〜子供もエプロンをつけて手伝い〜

<<   作成日時 : 2017/12/26 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

野江の名店レストラン柿もとさんは、諸般の事情により、11月30日に30年の幕を閉じた。しかし、急なこともあって、食材やビールサーバーのタンクも余っているため、マスターとママが感謝の意味も込めて常連さんを呼んでさよならの会を開くことになり、私たち旭東支部の面々も呼ばれたのである。ただし、一昨日飲んだばかりなので来られた人は6名くらいと少なかった。
画像

私は本当に最後ということもあって、先日に引き続き、赤ワインを持参した。今回は秋の阪神大ワイン祭で購入したマルケス・デ・パニッサ・グラン・レゼルバ’08と南アフリカのカフェ・カルチャーを持参した。どちらも試飲して美味しかったものだ。
画像

のみならず、リカーマウンテンでパスタと共に購入したドイツビールのフランチェスカーナのヴァイツェン(白ビール)も2本持参した。ドイツ旅行で飲んで美味しかったので、みんなに飲んで貰いたかったからだ。それに、お店にお酒を持ち込むなんて他のお店ではできないからね。
画像

さて、お店にいち早く到着するとマスターの甥っ子であるKさんの奥さんと娘さんも来られ、今日はスタッフの一員として、料理をテーブルに運ぶというお手伝いをしていた。
画像

もちろん、次女もエプロンをつけてだが、3歳直前なので運ぶことはできないので長女の後を追っかけていた。肝心のKさんは少し遅れて登場。
6時を回り、マスターの感謝の挨拶が始まった。そして、乾杯と共に最後の晩餐が始まったのである。
画像

ツナとアボガドのサラダ。ツナとアボガド、トマトの相性の良さが分かるサラダである。
画像

牛すじの煮込み。こちらも先日食べて美味しかった一品。
画像

タコの唐揚げ。こちらも先日のイカゲソの唐揚げと同様に揚がり加減が良いね。ビールが進む君。
画像

マグロとイカのお造り。こちらも美味しい。
画像

カツオのたたき。下には玉ねぎ、上にはニンニクとパプリカが載っている。もちろん玉ねぎを払って食べると美味しかった。
画像

とんかつと大エビフライ。こちらは衣加減がよくて美味しい。このお店の大エビフライは近くに住み、よく家族で来られる同業者のIさんのお気に入りだそうだ。もちろん、Iさん一家も本日は来られている。
画像

イカの姿焼き。こちらもビールが進む。そのため、自らビールをサーバーに注ぎに行った。でも上手くいかず。
何杯か注いでみたが、最後の方でようやく少し上手くなってきた。
画像

揚げ餃子。こちらも美味しかった。最後にして揚げ餃子の美味しさを知ってしまった。もっと前から出して欲しかったと思う一品だ。もう食べられないのかと思うと悲しい反面、最後に食べることが出来て良かったなと思うことにしたのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよなら「柿もと」その1〜子供もエプロンをつけて手伝い〜 行政書士中村裕司の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる