行政書士中村裕司の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017冬ダン・ル・シエルその2〜ササミ、ムネ、手羽、モモの順に美味しい〜

<<   作成日時 : 2017/12/30 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ダン・ル・シエルにて恒例のジビエディナーを楽しんでいた。
かぼちゃのポタージュを飲み終わり、しばらく待っているとお魚のいい匂いがしてきた。
画像

同行者のサワラのソティー・マスタードソースが出てきた。マスタードソースといっても粒マスタードがメインだから大して辛くはない。私も一口頂いたが美味しかった。もっとも、酸味のあるソースなので、白パンにソースを付けて食べるのは止めた。
私はコルヴェールが1羽供されるので魚料理はなし。
画像

窓の外から見える大阪城を眺めながら時が経つのを待っていた。
しばらくして、またいい匂いというか香りがしてきた。これは鶏の焼けた匂いだ。
画像

すると、コルヴェールのロースト・赤ワインソースが出てきた。マダムからは「大丈夫とは思いますが(鉄砲の)弾には気をつけてください」と言われた。匂いを嗅ぐと香ばしくいい匂いだ。ムネ肉を一口食べると鉄分と脂分を感じて至福のひと時だ。
画像

すぐに、付け合せのアンディーブのサラダが出てきた。少し苦味が心地よくまたさっぱりとしているが、ドライフルーツが良いアクセントとなっている。
画像

また、栗と根セロリのピューレも出てきた。こちらは濃い目の味だ。
画像

コルヴェールのササミはあっさり目だけれど鉄分を感じる。
画像

今回は、大きかったのでモモ肉だけでなく手羽の部分を出すことができたと言われたので、手羽の方から食べてみた。しっかりとして美味しい。
画像

モモ肉も歯ごたえもあり、鉄分は胸肉よりも弱いが味わいがあって美味しい。
画像

骨までしゃぶり尽くした。鴨はモモ肉よりもムネ肉の方が好きなのだが、今日はササミよりムネ、ムネより手羽、手羽よりモモの順で美味しかった。
赤ワインも進むね。
画像

同行者は宮崎牛のロースト、下仁田ネギと芽キャベツ添え。こちらは脂が甘く、トロけそうなお肉だ。また、同行者が、「芽キャベツが美味しい」と強調していて、大げさだなと思いつつ私も食べてみると、確かに物凄く美味しかった。
画像

結局、私のコルヴェールは骨だけ残して綺麗に頂いた。
画像

また、大阪城を見ながらメイン料理の美味しさに酔いしれていた。
画像

私のデザートはチョコレートテリーヌ、いちごのシャーベット、パルフェの盛り合わせ。チョコレートテリーヌと赤ワンが良いね。またいちごのシャーベットも美味しい。
画像

同行者のデザートはいちごのシャーベット、アプリコット?のゼリー寄せ、プディングの盛り合わせ。同行者がアプリコット?のゼリー寄せが美味しいとまた強調したので一口貰うとこれが美味しかった。芽キャベツといい,驚いたね。
さすがに、お腹がいっぱいだ。今日も食べ過ぎたね。本当はパン・ド・カンパーニュをお代わりしたかったのだが、こうなることが目に見えていたので止めて正解だ。
ワインも2本飲みきったし、今日も満足をしながら、帰ったのである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017冬ダン・ル・シエルその2〜ササミ、ムネ、手羽、モモの順に美味しい〜 行政書士中村裕司の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる