行政書士中村裕司の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018阪神の四国味めぐりその2〜かつおのたたきは塩に限る〜

<<   作成日時 : 2018/06/20 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新しくなった阪神百貨店の催事場で四国味めぐりを楽しんでいた。
同行者が先ほど試食したわら焼きのかつおのたたきが忘れられないくらい美味しかったと言った。
画像

私もお腹が膨れていないので買いに行くこととした。
画像

それがこちらの塩たたき丼である。残念ながら、こちらは単品ではなくて丼しかないのである。
画像

それを購入して、食べてみると塩が本当にええ感じで美味しかった。わら焼きかつおと塩がマッチして物凄く美味しかった。また、丼のご飯は酢飯であった。そして、この酢飯がこれまた美味しかった。酸味がやや弱めで甘さがやや強めというバランスだ。
「これは日本酒がいるなあ」と同行者に言うと「そうやなあ」と返され、日本酒の飲み比べセットを購入しに行くこととした。
画像

本日は香川の川鶴讃岐くらうでぃ、香川の金陵濃醇純米、高知の土佐鶴本醸造、徳島の鳴門鯛純米原酒である。
画像

それらを入れて貰った。
画像

そして、こぼさないように慎重にテーブルに持ち帰って帰り、記念撮影をした。
画像

飲んでみると、一番左の白く濁った川鶴讃岐くらうでぃと一番右の鳴門鯛純米原酒が美味しかった。
同行者も同じ感想で、私が鳴門鯛純米原酒を飲もうとしたら、私の手を払い土佐鶴を飲めと言ってきた。仕方がないので、土佐鶴を飲みながらわら焼きかつおを食べた。
それでも、ついつい、鳴門鯛純米原酒に手が伸びてしまう。純米原酒だから美味しいね。
画像

また、讃岐くらうでぃも見た目通りクリーミーで美味しいから取り合いだ。
後ろのテーブルでは他所のお店のかつおのたたきを食べて飲んでいたところ、またおなじかつおのたたきを購入していた。それを見て、そこのお店よりもこちらのお店のかつおのたたきの方が断然おいしいのにと思った(そこのお店のかつおのたたきも試食したが)。
こうして、満足をしながら会場を後にしたのである。
結局、5月に愛媛の八幡浜の先に行ったことや愛媛・今治料理のお店に行った経験が何か影響を受けて違った感じを受けるかと思ったけれど、ほとんど何も影響を受けなかったね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018阪神の四国味めぐりその2〜かつおのたたきは塩に限る〜 行政書士中村裕司の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる