2018阪神百貨店「北陸4県味めぐり」その2~身の厚めの国内産へしこを購入する~

日本酒セットのアテが白えびと枝豆のすりみ焼きだけでは物足りないので、また、アテを求めに会場をぶらついた。
画像

先ほどの白えびが不満だったので、北陸んまいもん本舗中村屋さんの白えびのクリームコロッケを購入した。同行者からは、「ま~た日本酒ではなくビールのアテを買ってきて」と笑われた。
画像

食べてみるとえびの香ばしさを感じることができて美味しかった。もっとも、クリーム感は全然感じることができなかった。でも、やっぱり、ビールが飲みたくなった。セットは1200円するため、単品で飲もうかと思い値段を見ると200mlで500円から700円と私には高かったので日本酒を飲むことにした。今年はちょっと高いよね。
ところで、このブログを書くために写真をよく見てみると、白えびのクリームコロッケは俵型なのに私が食べているコロッケは大判型だ。どうも聞き間違えて同じ値段の白えびのコロッケを入れられたようだ。通りでクリーム感は全くしなかったね。
画像

さて、同行者もお腹が空いたといい、先程、人がたくさん並んでいた加賀西善さんの百万石幸盛弁当のところで、1080円のかに、カニ、ノドグロ、イクラの弁当というか、ちらし寿司を買ってきた。
画像

早速、同行者が開けてみて食べてみると美味しいと言い、私も少し頂いた。寿司飯があまり酸っぱくないので酸味に弱い私には食べやすい。おまけに少し甘めで、かつ、しっかりとした味付けで美味しい。
画像

同行者はノドグロが美味しいと言っていたので、私も食べてみると酢に締めていて、私には酸っぱかった。すぐに寿司飯を食べて中和させた。でも、まあまあ美味しかったかな。かにも良かったが、しいたけも卵焼きも濃い目の味付けで美味しかった。思わず、喉が渇くやんかと言いながら、日本酒を飲んだ。
全部食べ終え、立ち食い、立ち飲みテーブルを後にした。
画像

喉が渇いているので、日本酒カウンターに行き、単品で日本酒を飲もうかと思ったが、メニューを見てもどれが飲んだらよいか分からないので諦めた。
画像

そして、念願のへしこを購入した。国内産の1匹使ったものやノルウェー産の鯖などあったが、一番厚みのある4分の1切れ使ったものを購入した。
それから、日本酒コーナーに行き、越の華や源平、幻の瀧、天狗舞等を試飲し、同行者は越の華や幻の瀧等を購入し、自宅に送ってもらった。
画像

その後、会場を後にしたのである。
後日、へしこを食べてみたが美味しかった。ただ、独特のクセが少し弱くて食べやすかった。とはいえ、1切れで小さな茶碗の大盛りのご飯を食べたのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック