テーマ:イベント

スーパー万代長崎産地応援フェア~生鯖のお造りは初めて食べたかも~

11月6日の土曜日は、自宅から少し離れた(といっても同じ旭区内だが)、スーパー万代旭高殿店で開催されている長崎産地応援フェアに行ってきた。 その数日前に折り込み広告が入っていて鮪や平政に興味があったのである。 他にも、太刀魚や生スルメイカ、赤ムツ(のどぐろ)、天然真鯛、干物も興味があった。 もちろん、全ては買えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神百貨店リニューアルオープン~備後府中焼き一宮vs広島焼きみっちゃん~

梅田の阪神百貨店は建替え工事が行われていて、10月8日にリニューアルオープンした。 その阪神百貨店に10月20日、行ってきた。 もっとも、お恥ずかしながら、リニューアルオープンをしたことを知らずに、といっても、親しい友人が阪神みどり会に入っていて、会費の支払いのため月に一回は行っているので、たまたま、この日会費の支払いに訪れたのであ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

スーパーコノミヤ九州フェアその2~博多おでんと言われても正直よく分からない~

自宅近くのスーパーコノミヤさんで9月30日から10月3日までうまかもん九州フェアが開催されていた。 そのフェアに行って、色々と仕入れてきた。 それから数日後に、リンガーハットの長崎皿うどんを使って、皿うどんを作って貰った。リンガーハットの店舗と同じ麵とのことだ。だから、賞味期限も早いのだろうか。また、粉末スープも付いている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーコノミヤ九州フェアその1~スティックタイプよりもチップスタイプの方が美味しく感じる~

9月30日から10月3日まで、自宅近くのスーパーコノミヤさんでうまかもん九州フェアが開催されるということでチラシが入っていた。 その中で、博多おでん、カボスぽん酢、リンガーハットの皿うどん、鶏の炭火焼塩味に興味が沸いた。 また、7月の高知四国フェアが良かったということもあって(https://gyo-yuji.at.webry.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーコノミヤ四国高知フェア~かつおめしに四万十川青さのり入りつまみのりを加えると旨さが倍増~

先月20日の火曜日は自宅近くのスーパーコノミヤさんで高知四国フェアが開催されるとチラシに載っていた。 スーパーライフさんの夏の北海道フェア(https://gyo-yuji.at.webry.info/202107/article_16.html)、スーパーアプロさんの台湾夜市フェア(https://gyo-yuji.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アプロ流台湾夜市~台湾焼きそばが無かったのが残念だが、それなりに台湾の味を楽しむ~

7月18日の日曜日は自宅近くのスーパーアプロさんで、前日からアプロ流台湾夜市なる企画が催されていた。 先日のスーパーライフさんの夏の北海道フェアでも書いたが(https://gyo-yuji.at.webry.info/202107/article_20.html)、スーパーの地域フェアも侮れないので、今回はアプロさんに行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーライフ夏の北海道フェアその2~ほたても鶏ザンギも美味しいのでお酒とマッチする~

7月11日の日曜の朝は昨日に引き続き(https://gyo-yuji.at.webry.info/202107/article_16.html)、自宅近くのスーパーライフ旭高殿店さんに行った来た。 もちろん、昨日と同様、夏の北海道フェアが目当てである。 この日は家族に言われて甘えび香る海のキムチを買った。こちらは食べてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーライフ夏の北海道フェアその1~1か所のコーナーで売られていたら分かりやすかった~

7月10日の土曜日、新聞広告で自宅近くのスーパーライフさんで夏の北海道フェアをしていることを知った。 3月にライフさんで長崎フェアを開催していて良かったので(https://gyo-yuji.at.webry.info/202103/article_10.html)、これは行く価値があるのではと思い、早速、午前中にライフさんへ買いに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト展その5~もう1回観に行けばもっと理解できるかもと最終日に知る~

京都市京セラ美術館で開催されている古代エジプト展を引き続き楽しんでいた。 左が円盤形ビーズとカラス製丸型ビーズ、様々の護符の付いたネックレスで、右がロータス花弁形のペンダントのネックレスである。 左が「上部が丸くなった棺型のシャブティ・ボックス」で、左が「普段着をまとったシャブティ像」である。シャブティとはミイラの姿をした小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト展その4~古代エジプトらしい作品を見て感動する~

京都市京セラ美術館で開催されている古代エジプト展を楽しんでいた。 第3章「死後の審判」に来ていた。 「デモティックの銘文のあるパレメチュシグのミイラ・マスク」である。こちらは紀元後50年から100年の作品で、部分的に金箔が貼られ華美に装飾されたかつらを着用し、多数の守護神やその象徴が描かれている。古代エジプトらしい作品である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト展その3~正しい行いをしていれば来世に行けるという考えは現代でも通じている~

京都市京セラ美術館で開催されている古代エジプト展を楽しんでいた。 第2章「ファラオと宇宙の秩序」に来ていて色々と展示品を見ていた。 「プタハメス墓のピラミディオン」である。この石に刻まれた文字を見て何か懐かしい気がした。そうだ、大英博物館で見たロゼッタストーン(https://gyo-yuji.at.webry.info/201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト展その2~女性と思ってみるから女性らしい顔に見えるのかも~

京都市京セラ美術館で開催されている古代エジプト展に来ていた。 古代エジプト社会では、全知全能の神々の力により、空や雲、砂漠、風などの自然、人間や獣、昆虫などの生物、太陽や月、星に至るまで、この世の全てが創造されていたと考えられており、そのことが第1章でよく表れていた。 そして、第2章は「ファラオと宇宙の秩序」である。というか、いつの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト展その1~エジプト神話の神様が多すぎて何が何だか分からない~

先月27日の日曜日は京都市京セラ美術館で開催されている古代エジプト展に行ってきた。ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ国立ベルリン博物館群のエジプト博物館のコレクションから選りすぐりの約130点が展示されているとのことだ。 京都市京セラ美術館の中でも1階北回廊が会場である。 1階北回廊の光の広間で記念撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都市京セラ美術館~久し振りの来訪でその変わり様に驚く~

先月の27日は国立ベルリン・エジプト博物館所蔵古代エジプト展が開催されている京都市京セラ美術館に親しい友人と行ってきた。 京都市京セラ美術館といっても、場所は平安神宮手前にある京都市美術館のことである。 元々、京都市京セラ美術館は、1928年(昭和3年)に京都で挙行された即位の大礼を記念し、1933年(昭和8年)大礼記念京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランマ・モーゼス展その2~101歳で亡くなった年にこれだけの作品を描けるなんて~

あべのハルカス美術館で開催されているグランマ・モーゼス展に来ていた。 第3章は、季節ごとのお祝い、である。農場の暮らしには毎日変化がないものの季節だけは移ろいゆくということで季節ごとの特別な行事を大事にしていたため、それらを題材にした作品が集められていた。 確かに、今と違って昔は娯楽も少なかったであろうと思いながら見た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランマ・モーゼス展その1~緑色の使い方が素晴らしい~

先月の23日はグランマ・モーゼス展に行ってきた。 場所はあべのハルカス美術館である。 あべのハルカス美術館は今回で2回目かな。 美術に詳しくはない私にとってグランマ・モーゼスは初めて聞く名前である。 今回はチケットを戴いたこともあり行ってみた次第である。 会場に着いて検温をして入場することにした。 最終日も近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021大宮神社のえびす祭り~コロナ対策でみくじ筒はなく、直接みくじ紙を選ぶ~

9日の土曜日は大宮神社のえびす祭りに行ってきた。 この日の大阪は前日(最高気温3.9度)と大差ないほど寒いため、大宮神社に行くか悩んだが、10日は用事があるため、行くことができないことから、覚悟していくことにした。 事務所にある昨年購入した福笹を持って事務所を出た。 寒い。やっぱり、寒い。引き返して明後日にしようかと思った。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木星と土星の大接近~運良く微かに木星と土星が映っていた~

12月21日(月)は、木星と土星が大接近して肉眼でも見える可能性があることをその日のお昼過ぎに知った。 元々、木星は約12年で公転し、土星は約30年で公転するため、20年に一度は同じ方向に並ぶそうだ(このことを会合という)。 しかしながら、今回のように木星と土星の離角(間隔)が0,1度未満で地球から見られる大接近は397年振り(前回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020初詣その2~晴明神社で大吉を引いたので北野天満宮ではおみくじを引かず~

北野天満宮の楼門を超えた。 超えてからお手洗いを済ませた。楼門の裏に糸人形が飾られていた。 今年は、一方は秀吉と淀君である。 もう一方は、ねねと子供たちである。 そして、納札所に向かい古いお守りを納めた。 それから、三光門の手前にある撫で牛の所に行った。 この撫で牛は自分の悪い場所を撫でると治るといわれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020初詣その1~士業にとっては意味のあるお告げなので大事にカバンに入れることにする~

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。 2日は初詣に京都の晴明神社と北野天満宮の両方行ってきた。 城北公園通駅から新大阪へ。そして、11時45分の新快速に乗って12時15分に京都駅へ。城北公園通駅ができたので京都まで近くなった。 京都駅からバスに乗り晴明神社へ。 13時10分に一の鳥居に到着した。この辺り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回天下の台所大阪まつり~お昼もまぐろで晩もまぐろのまぐろづくし~

7日の土曜日は大起水産のまぐろパークで開催されている第10回天下の台所大阪まつりに家族と行ってきた。 3年前は旧大阪府立体育館で開催され、その時は行ったのだが(https://gyo-yuji.at.webry.info/201612/article_8.html)、それ以来で、昨年からはまぐろパークで開催しているようだ。 地下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・モダン展~「エミーリエ・フレーゲの肖像」だけは写真撮影が許されていた~

9月29日は中之島にある国立国際美術館で開催されているウィーン・モダン展に行ってきた。 クリムトやシーレといった画家の作品が来ているようだが、詳しくない私にとっては見知らぬ人たちだ。 取り敢えず、記念写真を撮って貰って会場である地下3階まで降りた。 それから案内図を貰って中に入った。 この展覧会は4章から成り立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安日本酒フェア2019その2~日本酒とたこ焼きは合わない、でも美味しい~

京都の岡崎公園で開催されている平安日本酒フェア2019に行き、日本酒を楽しんでいた。 ここで再度大倉本家さんに行き、濁酒を飲むことにした。甘くて、少し酸味があって美味しい。濁酒を飲むのはいつ以来か。2013年の2月以来か(https://gyo-yuji.at.webry.info/201302/article_8.html)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安日本酒フェア2019その1~久し振りに大蔵本家の蔵元さんと会う~

先月の8日は京都岡崎公園で開催されている平安日本酒フェア2019に参加してきた。 ちょうど、大好きな奈良の大蔵本家の蔵元さんが直接来場されることを知ったから親しい友人と行くことにした次第である。 この日の京都は暑くて日本酒よりもビールを飲みたい気分だったが、我慢して会場に着いた。 事前に購入したチケットを見せて、お猪口を受け取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城北公園フェア2019~公開リハーサルも見られて二度のお得~

6月2日の日曜日は城北公園で開催されている城北公演フェア2019に行ってきた。 11時半に同業者のTさんに呼び出されて会場に行くと既に多くの人で賑わっている。 Tさんと落ち合い、まずは1杯飲むことにした。 色々な地ビールのお店が出店しているが、NOM CRAFTさんでIPAを購入した。こちらはアメリカ人2人が醸造するクラフトビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回大阪地酒天満大酒会その2~山廃、無濾過で生原酒、オマケに雄町とくれば美味しいに決まっている~

OAP特設会場にて大阪地酒天満大酒会を楽しんでいた。 ふと見るとプレートを持っている人が多いことに気がついた。すると、本部でプレートが100円で売っているようで、思わず、去年Kさんが持ってきて私たちが使っていたのを見てその発想を真似したなという話になった。 まあ、プレートがあれば合理的だからね。かくいう私も今年はKさんに頼ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回大阪地酒天満大酒会その1~今年は樽の香りが弱い、もっとも去年は飲んでいないけれど~

5月26日はOAP特設会場で開催されている第7回大阪地酒天満大酒会に参加してきた。メンバーは昨年同様、行政書士会の同じ支部のKさん一家、Mさんに加え、Hさん、他にもKさんの知り合いのOさんも少しして合流された。 私は朝から千林商店街のニューマルシェさんの中にある揚げたてパラダイスさんに行き、コロッケやイカ、イワシの天ぷらを購入する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイフェスティバルin大阪2019その2~やっぱり、ガパオライスとソムタムを注文する~

色々なお店が出店していたので見て回った。Kさん一家はタイ料理が苦手なので、私一人が食べることとなった。 2週間ほど前までタイ・プーケットにいたのだが、それでもガパオライスがええなあとかパッタイがええなあとか見ていた。しかも、パーム・リム・パーてパトン北地区にある景色の良いレストランと同じ名前やないかと思いながら見ていた。 シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイフェスティバルin大阪2019その1~日本人同士のムエタイは正直少し萎える~

5月19日の日曜日は同じ支部のKさんとその長女、次女と共に大阪城公園太陽の広場で開催されているタイフェスティバルin大阪2019に行ってきた。 10時半前に会場に着くと変わった歌が流れていた。 パンフレットを受け取り中に入った。 服屋さんや雑貨屋さんを見ているとGWに行ったプーケットで売られているような商品があり、思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019フェルメール展~詳しくないのにフェルメールらしい構図だなと思ってしまう~

5月12日の日曜日は大阪市立美術館で開催されているフェルメール展に行ってきた。 最近は京都や神戸の美術館に行っているものの、この美術館は久しぶりだ。かれこれ20年以上来ていないかも。 本日が最終日とあって、館内は大混雑だった。 フェルメールの作品は最後にあるということで、まずは、第1章の「オランダ人との出会い:肖像画」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more