テーマ:2014イタリア旅行記

2014イタリア旅行記9日目その2~無一文で関空に降り立つ~

3時にドバイを飛び立ったエミレーツ航空関空行きは天野川モードになったのも束の間、4時過ぎに機内食が運ばれてきた。 今回は2人ともチキン。味はまあまあ。それよりそうめんがツユも含めて美味しかった。 食べ終えて、モニターを見ると日が昇ってきた。 窓を見て、そうか、もう時差が1時間ほど縮まったのだなと思った。 機内食の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記9日目その1~ナシゴレンは機内食に似ている?~

深夜0時半、お腹が空いたので何かを食べようということになった。問題は何を食べるかである。行きの時に食べたお店は、美味しかったけれど高かったのでパス。 そこで、行きの時にナシゴレンを食べたかったにもかかわらず同行者にその気がなくて食べに行かなかったお店に行こうとなった。ただ、そのお店はこのターミナルの逆方向にあるのでそこまで歩いて移動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記8日目その3~まさかのタラップ~

15時25分にローマ・ファウミチーノ空港を飛びだったエミレーツ航空A380は2時間ほどして機内食が配られた。いくら昨日スリに遭ったため、本日はお昼を食べなくてもいいようホテルの朝食をたくさん食べたとはいえ、やはりお昼ご飯を食べていないからお腹がペコペコだ。まあ、それでも機内食が出るまで我慢できたのだから良しとしよう。 私はラム肉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記8日目その2~子供にむやみに話しかけるべきではない~

ファウミチーノ空港に到着し、エミレーツ航空のチェックインカウンターに行った。すでにたくさんの人が並んでいた。そりゃそうだ。A380の定員は500人を超えるのだから、その分、乗る人も多いね。 チェックインを終え、セキュリティチェックを受けに行った。ここで間違えて2階に上がったのだが、見当たらず。同行者に「2年前も2階に来て探しまわっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記8日目その1~日本人が買い占めているのだろうか~

本日も遅めの起床。今日は日本に帰る日だ。いつもなら日本に帰りたくないと思うのだが、昨日2人ともスリに遭ったからかそんなことをあまり思わず、淡々と朝ご飯に行く準備をしていた。 すると、同行者が「セーフティボックスに入れていたはずの財布がない」と叫んだ。 その瞬間、昨日の今日でまた盗まれたのかと鼓動が早くなるのを感じた。 結局、前の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その7~添乗員さんに関空で言ったセリフを後悔する~

テルミニ駅でレオナルド・エキスプレスの切符を買い、テルミニ駅で警察に連絡して証明書を出して貰おうと思い、警察がいないか探した。再度、ヴェネツィア広場のカラビニエリまで行くのは無意味に思えたから。しかし、警察官がいるようなボックスは見つけたが叩いても誰も出ず。本日の営業?は終わったみたいだ。 仕方がないので、そのまま歩いて昨日も来た、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その6~15,000円を補充したことへの後悔~

私の財布がスラれたまま、無情にも地下鉄は走り出した。「ああ、しまった」と言い、周りの乗客も「何があったんだ」という顔をした。とっさに、スラれたというジェスチャーをした。 私は財布を入れていたポケットを右手でガードしていたにもかかわらず、子供相手にカッとなって、思わす、右手を離したことを悔やんだ。良く良く考えれば子供の行動も異常だったし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その5~私が地下鉄でスリに遭う~

サン・ピエトロ大聖堂には多くの絵画や彫刻がある。これらを全て金銭に換算したらどのくらいになるのだろうか、と下世話なことを考えた。なお、同行者は、朝スラれた財布が出てきますようにとこの中でお祈りをしたそうだ。 ラファエロ作、「キリストの変容」。祭壇画としてはこれ以上ない気がするね。 アキッレ・フーニ作、「聖ヨセフ」。知識がない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その4~何度見てもミケランジェロのピエタはいいね~

17時過ぎだからか、午前中やお昼過ぎに比べたら並んでいる人はやや少ない。 当然、スイスの衛兵がいてる。スイスの衛兵がバチカンを警護するようになったのは16世紀初めで、当時ヨーロッパの傭兵の中では無類の強さで知られていたことから採用されたとのことだ。 サン・ピエトロ広場も人はまばら。 広場の中央にはオベリスクがある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その3~15,000円を財布に補充する~

カラビニエリを出て、すぐ近くのコルソ通りに行き、観光案内所で両替できる銀行がないか聞いたところ、本日は15時から16時までの間しか銀行の両替が行われず、その銀行もスペイン広場にある銀行だけしか行わないと言われた。確かに、カラビニエリを探す途中で見かけた銀行は、閉店していた。最悪の場合はホテルで両替をするしかないと思いながらコルソ通りのバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その2~ようやくカラビニエリに辿り着く~

フォロ・ロマーノを横目にフォーリ・インペリアーノ通りをヴェネツィア広場に向かって歩き始めた。 このまま、この通りを歩いても良かったのだが、これではせっかくの観光がスリによって台無しになってしまうので、フォーリ・インペリアーリを見るために途中から1本隣にある細い道を歩いた。 アウグストゥスのフォロである。初代皇帝アウグストゥス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記7日目その1~同行者がスリに遭う~

本日も遅めの起床。カーテンを開けると部屋の前は明るい。 9時頃、朝食を食べに行った。久しぶりの生野菜にズッキーニのソティー。スクランブルエッグにハムにベーコン、チーズをガッツリ頂く。 10時前にホテルを出て、地下鉄A線のヴィットリオ・エマヌエーレ駅に向かった。 ここから1日券を購入して地下鉄に乗り、テルミニ駅に行き、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その9~念願のスーパーでお惣菜を買って部屋で食べる~

テルミニ駅からサンタ・マリア・マジョーレ教会に向かって歩いた。この道は2年前も何度も歩いた道である。 サンタ・マリア・マジョーレ教会の時計は20時半を指している。 スーパー「スマ」は確か21時までだったなと思い、急いで入店した。 ここは2年前に行った時もお惣菜がたくさんあったものの、結局、購入しなかった。そのため、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その8~こんなのトレヴィの泉じゃない~

ナヴォーナ広場を後にして、パンテオンに向かった。といっても、2,3分足らずで到着。 パンテオンは紀元前25年、様々なローマの神を奉る万神殿として建設されたが、火事で焼失し、現在のこの建物は118年から128年に掛けてハドリアヌスによって再建されたものである。現存する古代ローマ建築の中で最も保存状態がいい建築物らしい。 また、中央…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その7~2年前のリベンジを果たす~

バチカンのサン・ピエトロ大聖堂前のサン・ピエトロ広場に18時頃着いた。既に、サン・ピエトロ大聖堂はクローズしている。 仕方がないので、サンタンジェロ城近くの40番テルミニ駅行きのバス乗り場まで行き、2年前に雨が降ってほとんど見られなかったナヴォーナ広場に行くこととした。 幸い、バスは直ぐに来たので乗車し、地図を見て適当な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その6~ラファエロの間を楽しむ~

細い通路を通ってラファエロの間に行く途中にある窓から外を眺める。ヴァチカンで働く人の車だろうか。 細い通路を通り抜けラファエロの間に着いた。教皇ユリウス2世(在位1503年~1513年)が自らの居室にフレスコ画をラファエロに描かせたのがラファエロの間の名の由来である。そして、ラファエロの間は、順にコンスタンティヌスの間、へリオドロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その5~小さい「間」でも作品を楽しむ~

同行者が古代エジプト文明好きということもあって、この先の階段を上らずに左に曲がり、エジプト・グレゴリウス美術館に入った。 こちらは、1839年グレゴリウス16世が創設し、古代エジプトの彫刻やレリーフ、ハドリアヌス帝の別荘に飾られていた品々が展示されているとのことだ。 ヒエログリフが立派だ。もちろん、さっぱり分から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その4~ピナコテカで有名作品を楽しむ~

ヴァチカン美術館に入り、チケットを購入した。2年前はリュックをクロークに預けなければならなかったが、今回は何も言われなかった。 ビーニャの中庭に出た。ビーニャとは中央にある松ぼっくりの意味であるそうだ。 前回も写真に撮ったエジプトから持ち帰ったと思われる銅像。 ところで、ヴァチカン美術館とは、その中にある、システィーナ礼拝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その3~昔からあったお店だったのね~

テルミニ駅を出て、スーツケースを引いて15分くらい歩いて、ベストウエスタン・アンブラパレス・ホテルに到着した。 ただいま、という感じだね。 時間は、まだ12時半過ぎだからチェックインさせてくれるのだろうかと思ったが、別に何を言われることもなく、チェックインできた。 ポーターに荷物を持って頂きながら、部屋に向かった。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その2~向かうのではなく戻ったような感じ~

街らしい風景が見えてきた。それでも、高い建物は見当たらず、かすかに時計塔が見えるくらいだ。イタリアの人口は日本の半分位だからか、イタリアの地方都市は日本の地方都市と異なり、こんなものなんだろうと一人で納得した。 10分程走るとブドウ畑が見えてきた。 低く見えるのでワイン用のブドウなのだろうか。 フィレンツェを出て5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記6日目その1~電光掲示板に乗車ホームが表示されていない~

本日は、午前中に列車に乗ってローマに移動なのだが、フィレンツェ発が10時38分なので、遅めの起床。通常通りに起きて、朝ごはん前に昨晩行った中央市場に行ってみるかと前日に同行者と話をしたが、同じ場所に行くのは疲れるだけかなと思い、それなら、どうせ、明日も歩き回るのだからゆっくり起きようとなったのである。 9時過ぎに朝食会場に入った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その7~トスカーナの洗礼を受ける~

ホテルに戻って、休憩をしつつ、晩御飯をどうするか話をした。ただ、2人ともまだお腹が空いていないということで、近くのスーパーにお土産を見に行こうとなり、20時頃にホテルを出た。 もっとも、スーパーがどこにあるのか分からないので、取り敢えず、ホテルの前の通りを北に歩いた。すぐにメディチ家の礼拝堂が現れた。 そこから西へ向かった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その6~世界最古の薬局の一つ~

ホテルみたいな入口を入ると、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の扉があった。 さらに扉を開けると、その中がお店だった。 中に入ると、ツアー客でその一環として来ているようなグループと個人旅行で来ている方たちの日本人がたくさんいた。だから、さっきから日本人を何組も見かけたのだと納得した。 ふと、天井を見上げると立派なシャンデリアに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その5~こんな所でなぜ日本人を何組も見かけるのか~

ほろ酔いになりながら、レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァさんを出て、グイッチャルディーニ通りを南に歩き、ピッティ宮殿に行ってみた。 このピッティ宮殿は15世紀にメディチ家のライバルだったピッティ家の邸宅として建設され、その後、メディチ家のコジモ1世が病身の妻のために買い取り、改築された。現在は5つの美術館・博物館として構成されている。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その4~4年前から行きたかった念願のお店に行く~

ウフィッツィ美術館を出てお昼を食べに行こうということになった。ただ、歩き疲れたため早くゆっくり座りたいので、歩き回ってお店探しをしたくはない。ということで、ガイドブックに載っていたポンテ・ヴェッキオ近辺のエノテカ、レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァに向かうこととした。このお店は4年前のイタリアツアーの時に行きたいと思っていたお店で、4年前のツア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その3~美術館・博物館巡りは体力勝負パート2~

1番南側の部屋を出て、第2回廊を歩くと窓からアルノ川が見えた。 その回廊の端でポンテ・ベッキオが見えた。いい風景である。大阪にあるイタリアンの名店ポンテ・ベッキオもここから名前を採ったのだろうか。まあ、私は本店に行ったことはないのだけれど。 立派な彫刻。こういうのを見るとイタリアに来た感じがするね。 誰の作品かは知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その2~ピエタを題材にする作品が多い~

ウフィッツィ美術館の予約入場が11時15分からなので、ブラブラしているとアルノ川沿いまでやってきた。 この光景を見て、思わず、「アルノ~うら~らの~アルノ川」と歌ってしまい、同行者に「全然違うやろ」と突っ込まれた。 ポンテ・ベッキオ(ベッキオ橋)が見えた。 右手にはウフィッツィ美術館。時間はまだ10時半である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記5日目その1~朝食会場がフィレンツェらしい~

昨日は、二人で1kgのビステッカ・アラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)を食べたからか、遅めの起床。 9時前に同じ階にある朝食会場に入った。入ると立派な部屋だったので驚いた。 天井にはフレスコ画。 壁には絵画が飾られている。こんな雰囲気で朝食が頂けるなんて思いもしなかった。さすが、フィレンツェである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記4日目その9~私&同行者vsビステッカ・アラ・フィオレンティーナ1kgの戦い~

1kgのビステッカ・アラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)がやってきた。いい肉の匂いがする。隣というか後ろに座られていた日本人の方も驚かれていた。そして、店員の方が食べやすいように大きなナイフで切ってくれた。 私の顔と比較してもかなりの量だと思う。2年前にローマで頼んだビステッカ・アラ・フィオレンティーナ8…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2014イタリア旅行記4日目その8~スーパーで買い物を楽しむ~

ジョットの鐘楼を後にして、4年前のツアーの自由時間に行ったスーパーにお土産などを買いに行くこととした。 もっとも、ジョットの鐘楼に登っている最中からトイレに行きたくなっていたから、途中にあるフィレンツェ先史博物館に寄った。 綺麗な建物である。 少し歩いて、スーパー・コナードに到着した。 4年前もここでプロシュート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more