行政書士中村裕司の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓流ドラマ「お父様、私がお世話します」終了その1〜いわくありげな始まり〜

<<   作成日時 : 2018/01/07 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の11月中旬にCSのKNTVで放送されていたお父様、私がお世話をしますが終了した。5月末から放送が始まり、1時間強で全50話の番組だから長いとはいえ、それほど長くはなかった。
登場人物が多すぎて誰が主役か分かりにくいが、メイン人物であるヒョヌ(別名デイヴィット・リー)役は「偉大なる遺産」のヒョンセ役のキム・ジェウォン、ヒョヌと幼い頃に行き別れた弟ソンジュン役は「黄金色の私の人人生」のヒョク役のイ・テファン、ソンジュンと恋仲になるドンヒ役は「ホ・ジュン」のダヒ役のパク・ウンビンが演じる。
ストーリーはややこしいが、ヒョヌとソンジュンは幼い頃に塾の運転手をしていた父親と3人で暮らしていた。しかし、父親が無過失で犯した事故を過失があったことにでっち上げられ自殺をしてしまう。幼い兄弟二人になったところ弟が迷子になり行方不明となる。
そんな悲しみの中、兄は児童施設から養子先のアメリカへ渡ってしまう。
他方、弟は別の施設に引き取られたが、すぐにヒョンソプに引き取られ、彼が愛人に産ませた子供として育てられることとなった。
そのヒョンソプ役は「コーヒープリンス1号店」「僕の妻はスーパーウーマン」「逆転の女王」等多数出演されているキム・チャンワン、その妻ジョンエ役は「ソル薬局の息子たち」「白い嘘」に出演されていたキム・ヘオク、ヒョンソプの長男の嫁ヘジュ役は「これが人生ケ・セラ・セラ」のヒョンジュ役のキム・ソニョンが演じるのである。
ヒョンソプは小さいマンション(地上4階地下1階建て、但し、4階は屋上部屋?)を所有し、そこに妻ジョンエ、引き取った息子ソンジュンと3人で暮らし、その上の階には彼の母ミオクが住んでいた。ちょうど1階と地下室を借りていた賃借人が出て行ったことからそのことを知った新聞社をリストラされたヒョンソプの長男ソンフン一家がその場所に住もうと引越しをしてきた。
同じ頃、ヒョンソプの次男で弁護士のソンシク一家もその部屋を、ゆくゆくはヒョンソプが所有するマンションを貰うために狙って引越しをしてきて鉢合わせとなった。
兄弟が争う中、長男一家が地下室に、次男一家が1階に住むことになった(但し、地下室は1階から繋がっている)。
このようなヒョンソプの長男一家と次男一家が同じマンションに住むことになったがその過程からいざこざが絶えない。しかも、長男の嫁ヘジュと次男の嫁ヒスクは昔職場が同じで上司(長男の嫁)と部下(次男の嫁)の関係だった。加えて、長男の嫁は次男と大学時代の友人で、その関係でヒョンソプ宅に来た際に長男と知り合い結婚するに至ったということだ。このように複雑だ。
さらに、ヒョンソプの妻ジョンエは自分の老後を穏やかに暮らすために子供(孫も含む)に煩わされたくないので、長男一家と次男一家との同居には大反対。
また、同じ頃、長男の嫁ヘジュの祖母グィブンと孫ドンヒがドンヒの兄(正確には従兄弟)の借金によりで住むところを失い、グィブンとヒョンソプの母ミオクが昔からの親友ということもあって、4階である屋上の部屋を貸すことになり二人は住み始め、すぐにソンジュンと出会うのである。
そんな中、ヒョンソプ一家のマンションの斜め前のマンションにデイヴィット・リーが引越しをしてきた。
彼のヒョンソプ一家が住むマンションを見る目が、いわくありげだ。ここからストーリーが展開するのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓流ドラマ「お父様、私がお世話します」終了その1〜いわくありげな始まり〜 行政書士中村裕司の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる