行政書士中村裕司の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓流ドラマ「お父さんが変」終了その4〜とうとう子供たちに本当のことを言う〜

<<   作成日時 : 2018/02/11 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DNA鑑定の結果、ハンスが実はユンソクであることをジュンヒが知り、想像はついていたとはいえ、裏切られたと思いショックを受ける。
そして、ハンス(ユンソク)はジュンヒに謝罪する。もちろん、ジュンヒは受け入れることはできない。
そんなある日、ハンス(ユンソク)の誕生会が自宅で開催されることになり、事情を知らない長男ジュニョンらがジュンヒを呼んだ。すると、意外にもジュンヒは来る。しかし、その場でハンス(ユンソク)に対する嫌味を言う。そのことにハンス(ユンソク)とヨンシルは、子供たちに本当のことが明るみになるのではと気が気でない。
そんな日々に何度もハンス(ユンソク)は子供たちに本当のことを言おうと提案する。
色々と葛藤はあったがジュンヒは、ハンス(ユンソク)を許すことにした。また、ジュンヒは本当のことを子供たちに話さない方が良いとも言う。
ところが、そんな不自然な父ハンス(ユンソク)、母ヨンシル、ジュンヒに違和感を覚えた長女ヘヨンが本当のことを知った。
それもつかの間、ハンス(ユンソク)は自首をしに警察署へ行った。
その直後にハンス(ユンソク)の弁護士としてミヨンが現れるのである。
その頃、ヨンシルは子供達と長男ジュニョンの妻ヘジュ、ヨンシルの母、弟一家にも真実を告げたのである。
一同、驚きを隠せない。そんな中、長男ジュニョンの妻ヘジュやヨンシルの母、弟一家は理解を示す。
ハンス(ユンソク)には弁護士がついているのと逃亡のおそれがないことから、その日のうちに家に戻ってきた。だが、子供たちは動揺を隠せない。
それでも、父親が昔、冤罪とはいえ、傷害致死の前科があり、そのような事情で名前を偽ったことに理解を示す。
だが、問題は長女ヘヨンの婚家や三女ラヨンの交際相手チョルスの父親がどう思うかだ。
ヘヨンはジョンファンと共に告白をするが、義父ギュテクや義母ボクニョは激怒する。なお、この頃にはヘヨンの努力もあって卒婚をするか否かで揉めていた義父と義母の夫婦仲は良くなっていた。
こういった渦中でジュンヒはミヨンに告白をする。ミヨンはそのことに動揺する。
その矢先にハンス(ユンソク)が名前を偽っていたこと、ジュンヒの実父でないことがネットに出てしまい、ジュンヒのファンからハンス(ユンソク)は卵を投げつけられる。
また、ヘヨンは勤務する法律事務所で肩たたきにあう。
そこで、ヘヨンは法律事務所を辞めるとともに、ハンス(ユンソク)が名前を偽ることとなったそもそもの原因である傷害致死事件の再審請求をしようと提案する。
当初、ハンス(ユンソク)は乗り気ではなかったが、家族の説得により再審請求をすることになる。
そのために、冤罪のきっかけとなった目撃証言に偽りがあったことから、目撃者を探すことになる。
その最中、心労もあってか、ハンス(ユンソク)の妻ヨンシルは体を壊し、診察を受けると手術しなければならない状態だったのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓流ドラマ「お父さんが変」終了その4〜とうとう子供たちに本当のことを言う〜 行政書士中村裕司の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる