2020大分・広島旅行記3日目その8~待ち時間1時間なのでボートには乗れず、残念~

高千穂峡は、阿蘇のカルデラを作った火山活動(12万年前と9万年前)により噴出した軽石流が当時の五ヶ瀬川の渓谷沿いに厚く流れた。この堆積物が冷却固結して溶結凝灰岩となり、柱状節理が生じたのである。 そして、五ヶ瀬川の浸食によりV字渓谷になったのが高千穂峡である。 それにしても、阿蘇の火山活動の凄さは想像できない。 台風により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その7~高千穂三橋が奇麗に見られる~

高千穂の写真スポットといえばここ一つの渓谷で3つの橋が見えるという全国でも珍しいとされている高千穂三橋にやってきた。一番下にある橋がここから最も手前にあり私たちがこの橋を越えたところでバスを降りたという神橋である。 真ん中にある橋が一番奥にある神都高千穂大橋(コンクリート橋)である。 一番上にあるのが高千穂大橋(鋼橋)である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その6~夏でも涼しいと思ったら大間違い~

今は無き高千穂鉄道の車両が見えた。高千穂鉄道は延岡駅から高千穂駅まで走っていたが、2005年9月の台風被害により運航休止となり、2008年12月28日に全線廃止された。 その車両が高千穂観光物産館「トンネルの駅」の目印として使われている。トンネルの駅も九州横断鉄道として高千穂線延長工事(高千穂町-熊本県高盛町)が行われていたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その5~由布院出発以来の集落~

いつの間にか、やまなみハイウエイは終わっていて外輪山を走っていた。そのためか周りの木は高い。 今までこういう林道を通っていなかったから新鮮だ。 風車が見えた。 風力発電所なのだろうか。阿蘇山付近には何か所か風力発電がある。 分岐点の道に来た。 また周りに高い木のある道を走った。 カナダのハリファッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その4~カッパなのだろうか、くまモンなのだろうか~

瀬の本レストハウスで10分の休憩を終え、バスに戻り、9時55分には出発した。2人だけだと他の人を待たなくてよいので便利だ(もっとも、ツアー会社側は赤字だろうが)。 山の緑が奇麗だ。 盆地の道を走った。 少しして何かが見えた。 ガイドさんが「左手を見てください。植木で作られた色々な作品が見えます。地元の農家の方が作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その3~日本風景街道の一つであるやまなみハイウエイを満喫する~

やまなみハイウエイを通って高千穂に向かっていた。緑が気持ち良い。日本風景街道の一つと選ばれているのがよく分かる。 長者原温泉トライアル温泉郷の看板が見えた。由布市ではなく、九重町まで来た。 といっても広いので、るるぶの地図で確認した。由布院を出発して40分位だからそんなに進んでいない。 空が曇ってきた。本日の天気予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その2~デジカメの充電器が見つかるものの悲劇の始まり~

デジカメの充電器が見つかったので、再度、デザートとコーヒーを飲みに戻った。 親しい友人はコーヒーを飲んでいた。 私の分も出てきた。デザートのブランマンジェも美味しい。コーヒーは普通だが。 そして、部屋に戻った。 デジカメの充電器を必死で探したので汗をかいたので、もう一度露天風呂に入った。 親しい友人からは「時間があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記3日目その1~デジカメの充電器がないので探しまくる~

6時過ぎには目が覚めた。シップを貼っていたおかげで昨日の朝ほど足や腰は痛くない。 6時40分に朝風呂に入ることにした。昨日ほど熱くなくて(といっても、41℃以上はあるのだろう)、気持ちが良い。 本日は、8時10分に旅館を出て高千穂ツアーの集合場所に行く予定なのだが、昨日の昼過ぎに親しい友人の携帯電話に連絡が入り、参加者が私たちだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和2年倫理研修~山脇先生の講義を生で聞くためにこの日に受講した~

9月2日はエルおおさかに行き、大阪府行政書士会の倫理研修を受講してきた。 この研修は5年に1度の受講しなければならない義務研修である。前回受けてからもう5年近くになる(https://gyo-yuji.at.webry.info/201512/article_8.html)。 義務研修だから遅刻厳禁なので、早めに会場に着いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その14~軍鶏のつくねはパテ・ドゥ・カンパーニュのような味わい~

鮎の半干しを食べ終えるとサービスの人が「鍋の用意をいたします」と言い、お皿を下げてコンロを持ってきた。 そして、鍋が運ばれてきた。 鍋には軍鶏のつくねと薄く切られたモモ肉が入っていた。野菜はえのき、しめじ、水菜が入っている。 ちょっと、「身が薄くないか」と親しい友人に言いながら食べると弾力がものすごくあり、ああ、だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その13~関アジは昨日ほどコリコリとしていないがそれは好みの問題か~

予約時にシイタケ嫌い伝えているにもかかわらず、メニューにないサービスとしてシイタケだしが出てきたので、サービスの人がシイタケだしの代わりの物を持ってきた。 豆腐の上に餡が掛かっている。美味しいかったようだ。 ワインが運ばれてきた。テイスティングをしてみるとフレッシュな味だ。ただ、あまり冷えていないので飲むスピードを落とすこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その12~大浴場の露天風呂も楽しむ~

18時になり、予約していた露天風呂に入りに行った。 私たちが入るのはつるみという大浴場だ。本来は大浴場の女性風呂のようだ。 洗面台も奇麗で、ドライヤーも完備。お互い基本的に使わないが。ウォーターサーバーもある。 中に入った。内湯がある。 洗い場は4組ある。スーツケースの整理をして汗を掻いたので、また体を洗った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その11~露天風呂は熱めで気分はダチョウ倶楽部?~

部屋の露天風呂を見て、リビングに戻って来た。 少しして、仲居さんが和菓子と冷たい緑茶を持って来てくれた。和菓子は女将さんの手作りである。食べてみるとお餅がツルツルして美味しかった。 仲居さんがます、食事の時間を聞いてきたので19時からにしてもらった。さらに「大浴場の方は新型コロナウイルスの関係で、時間毎のグループ様で入って頂けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その10~分不相応な立派な部屋に驚く~

由布院駅前のお土産屋さんに入った。 ここでも別のチーズケーキを買った。 また、先ほどのお店と同じ豊後牛のご飯だれが売っていたので自宅用に買ってみた。ちなみに、個体識別番号は先ほどのお店の物と同じだった。 雨は止んだものの、歩き疲れたので、タクシーで旅館に戻ろうとなった。 タクシーに乗り、運転手さんと話をした。観光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その9~草庵秋桜四季工房で豊後牛肉味噌を買う~

湯の坪街道を由布院駅に向かって歩いた。 途中で振り返って、由布岳を見ると雨上がりのせいなのか、陽が照って緑が奇麗に見えた。 少し歩くとスーパーがあったので入ることにした。すると、大分名産の漬物吉四六さんが198円で売られていて、「こっちの方が安いやん、また買おうか」、「いやいや、買いすぎやで」という話になった。他にアジ、関サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その8~おろしそばよりもせいろそばの方が美味しい~

古式手打ちそば泉さんの前に着くと1組だけ店外にいてた。順番待ちの名前を名簿に記入するために店内に入り、「名前をここに書いたらいいですか」と名簿を指さし店員に聞くとそのまま席に案内された。 えっ、前にいてた人はと思ったが、彼らは食べ終え連れを待っているのだなと思った。 このお店は屋外席もあるようだが、今日みたいに暑い日は無理だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その7~由布院金賞から揚げが美味しい~

由布院のメインストリートである湯の坪街道を西に歩いた。もっとも、この辺りは湯の坪街道の外れの方である。 振り返って、山間を見ると先ほどよりも緑が奇麗に見える。 湯布院昭和館、湯布院夢美術館があり、ここでは山下清原画展が行われていた。私たちは中に入らなかったが、顔出しパネルの記念撮影を行った。 斜め前くらいに蜂蜜のお店が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その6~湖というより池だが、地震で小さくなったので仕方がない~

由布院を代表するネイチャースポットである金鱗湖にやってきた。湖というよりも池である。もっとも、昔はこの何倍も大きかったが、数度の地震による山崩れにより埋没したため現在のように狭く、また浅くなったそうだ(最深部2メートルほど)。 ここで少し雨がパラついてきた。 金鱗湖は池底から温泉と清水が湧き出るという湖で、秋から冬にかけては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その5~良い匂いだけれど、由布院まで来て石釜ピザを食べるのは・・・~

由布院駅の前に立ち、草庵秋桜さんに迎えの電話を掛けると観光案内所に待っていれば良いとのことで駅の隣にある観光案内所で待っていた。 その間に由布院のまち歩きマップを取った。 10分もしないうちにタクシーはやってきた。 そして、スーツケースをトランクに入れて乗り込んだ。 草庵秋桜さんの手前で運転手さんがこの辺りが一番人通りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020大分・広島旅行記2日目その4~特急ゆふいんの森は停まっていなかった~

11時20分に由布院に向かう代行臨時バスが出発した。 前の方に座っていたので、混み具合は分からないが、かなりの人が乗ってきたので、まあまあの乗車率だろう。 線路沿いを少し走った。豊後街道を走っているようだ。 川が見えた。大分川である。 山が見えたが由布岳ではない。この間、何か所かのバス停に停まったが、誰も降りなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more