2021四国旅行記3日目その12~何でもかんでも武田鉄矢さんに結び付けるのは良くないね~

坂本龍馬記念館の新館から本館に移動していた。 坂本龍馬の人形が置かれていた。 屋上へと続く螺旋階段だが、大雨・強風のため閉鎖中である。上がって見たかったが仕方がない。 四、脱藩と五、勝海舟の出会いである。 坂本龍馬は1862年3月24日に高知を出発し、伊予から出船して、長州三田尻に着船したといわれている。高知を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その11~デジカメの電池が切れる~

坂本龍馬記念館の常設展示室の勝海舟の弟子時代を見学していた。 見終わるころに、デジカメの電池が切れた。 どうしようかと焦ったが、係員の方に事情を説明して(デジカメを買ったばかりで電池があまり充電できていないこと)、空いているコンセントで充電させて頂いた(写真はイメージ)。係員の方に感謝したのである。 海援隊といろは丸事件を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その10~坂本龍馬の資料を十分に味わう~~

坂本龍馬記念館の常設展示室に入った。ここからがメインイベントである。 入った所には坂本龍馬の模型があった。ここでデジカメの充電がかなり無くなってきた。 最初は幕末の土佐をテーマにしている。 2度目の黒船来航を描いた絵巻である。残念ながら複製で、本物は早稲田大学図書館に所蔵されている。 1854年1月に日米和親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その9~懐に入れていたのはこれと同型の銃なのだろうか~

坂本龍馬記念館の新館2階の企画展示室で開催されている坂本龍馬記念館の軌跡―出会いの奇跡をたどる展を鑑賞していた。 こちらは、新井竹次郎佩用 刀 建依別藤原氏詮、である。この刀は竹次郎死後一時行方不明であったが、甥(兄の子)の椿太郎が買い戻して北川家に大切に保存されていたとのことである。 武市半平太の書簡があるということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その8~坂本龍馬記念館はリニューアルを経て2018年にリグランドオープン~

MY遊バスに乗ってすぐの坂本龍馬記念館前で降りた。 そして、斜め前にある道を右手に歩いた。そして上下に分かれている道の内、上の道を登った。 上がってすぐの所に高浜虚子の句碑があった。なんて書いてあるか読みにくいが解説版があった。 海底に 珊瑚花咲く 鯊を釣る 高浜虚子は松山生まれの俳人で正岡子規の弟子である。この句は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その7~かつお飯のかつおとかつおの角煮は味も歯応えも全く異なる~

桂浜の本浜を歩いていた。 お昼ご飯を食べるためにお土産屋さんがある所まで引き返した。 何を食べようか、そもそも、あまり味に期待できないのではと言いながら階段を降りて行った。 高知県の観光マップがあった。しかし、広すぎる観光マップで、ざっくりとし過ぎていた。 地図を見ながらお店を見て回った。 新型コロナウイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その6~ここから真っ直ぐ進んでもロスアンゼルスには着かない~

上まで行くと展望台?休憩所?があった。親しい友人は息を切らしていた。 この方角に進むとどこに着くかが書かれていた。親しい友人が「このまま真っ直ぐに進むとロスアンゼルスにでも着くのかと思ったら、オーストラリアのキャンベラやん」と呼吸を整えてから言った。「真っ直ぐ行ったら南やから、さすがに、それはないわ~、方向音痴やで」とここぞとばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その5~坂本龍馬像前での記念撮影は難しい~

桂浜の坂本龍馬像に来ていた。和服姿の坂本龍馬の懐には銃が入っている右手を忍ばせている。有名なポーズだ。像の高さは5.3mで台座を含めた総高13.5m、ブーツ姿の坂本龍馬は太平洋のはるか彼方を見つめている。 記念写真を撮った。坂本龍馬の懐には銃を忍ばせているが、私の懐には脂肪を忍ばせている。何の武器にもならないが(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その4~坂本龍馬が最も郷里で愛した場所である桂浜へ~

桂浜行きのMY遊バスは、牧野植物園正門前を出発してから下り始めた。高知東部自動車道と国道が見えた。 手前の川は下田川である。 それほど充電できていなかったはずなので、あまり写真を撮らないように気をつけていた。 しばらくして、高知県立大学の池キャンパスを通り過ぎた。非常に奇麗なキャンパスである。このキャンパスには看護学部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その3~カメラのキタムラ堺町店の店員さんが親切~

はりまや橋近くのカメラのキタムラ堺町店に来ていた。 新しいデジカメを購入したところ、携帯電話の会社から来ているスマホ売りの人から「メディアカードも買わないと」と言われ、お勧めのメディアカード&GB数も購入した。 レジの人に「メーカー保証だけではなく、カメラのキタムラ独自で5年保証がありますが、付けますか」と言われ、付けることにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨のロースト~170℃で20分は少し早かった~

GWに天満市場に行った際に、地下1階のプロマートさんで鴨胸肉を購入した。 そして、冷凍室に保存していた。 あまり長いこと冷凍室に入れておいて冷凍焼きしてはいけないので、9月のある土曜日の晩御飯として食べることにした。 鍋にするにはまだまだ暑いのと7月に食べたので(https://gyo-yuji.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その2~かつお飯はやっぱり美味しい~

ホテル日航高知旭ロイヤルの22階のエンジェル・ビューさんで朝食ブッフェを景色を見ながら食べていた。 1皿では足りないので、お代わりに行くことにした。 もちろん、大根おろしは必須である。かつお飯のかつおとたらこも取ってきた。しのため、ご飯も少量?取ってきた。ウインナーや冷ややっこ、葉野菜も取ってきた。 大根おろしは久し振りに食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記3日目その1~さすが高知、朝食ブッフェでかつおのタタキが出てくるなんて~

7時過ぎに目が覚めた。目が覚めて、すぐに昨日動かなくなったデジカメの電源を入れてみたが、やはり動かなかった。 気が重たかったが、ふと、そういえば、昨日、ひろめ市場に行く際に乗った路面電車で、はりまや橋駅を過ぎた当たりで車窓からカメラのキタムラさんを見たことを思い出した。 本日は、午前中に桂浜に行く予定なので、その前に寄ってみようと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯛そうめんと鯛茶漬け~鯛の塩分が素麺にマッチする~

9月の日曜のある日の朝、スーパー万代さんにて、鯛1尾1,000円(税抜き)で販売するとチラシに載っていたので、買いに行ってきた。 お店の人にお造りにできるのかを聞いたところ、できるということで1尾を3枚おろしにして貰って購入した。 3枚おろしにした身はお造り用として、晩ご飯に食べる予定なのだが、そのうち、尾の方の部分を焼いて、素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その17~高知名物のドロメもウツボのタタキも美味しい~

宿泊先のホテル日航高知旭ロイヤルの部屋にて、ひろめ市場で買った物を晩御飯として食べてみた。 手羽先が温かかったので食べてみた。スパイシーで美味しい。スパイシーといっても、決して、辛いわけではない。ええ感じのスパイシー感だ。ビールが進む。 から揚げも食べてみた。1個辺りが大きくて食べ応えがある。味付けも良くて美味しい。お店が異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その16~この旅行2日目でまさかのデジカメが壊れる~

ひろめ市場でホテルに持ち帰って食べる物を探していた。 手羽先あげやさんで手羽先が、ええ匂いがしていたので買うことにした。出来上がるまで10分ほど時間が掛かると言うことでその間に他のお店を回った。 土佐黒潮水産というお店があった。 ここでまぐろのとろやかつおのお造りを購入することにした。 また、かつおのハランボ塩焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その15~人が多いためひろめ市場で飲食するのを諦めホテルに持ち帰ることにする~

ひろめ市場に向かうべく、18時50分過ぎにホテル日航高知旭ロイヤルを出た。 直ぐの所に川があった。鏡川に合流する支流なのか運河なのか分からないが。そして、川辺にボートが留められていた。 高知港における放置等禁止区域のお知らせ看板が掲げられていた。何を放置したらダメなのか分からなかったが、多分、ボートではないか、と親しい友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その14~新型コロナウイルスの影響により女性用のサウナバスは休業~

17時35分にホテル日航高知旭ロイヤルさんでチェックイン手続を行っていた。部屋番号は1521号室である。 その際に、サウナバスが4階にあるのだが、新型コロナウイルスにより、女性用は男性用と比較して小さいことから、女性用のみ休業している旨の説明を受けた。 また、ホテル近辺の地図も頂いた。 他にも、ホテル近辺の食楽マップも…
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その13~高知銘品館でスーパーコノミヤさんにて買ったかつお飯を購入する~

特急あしずり12号は16時52分に朝倉駅を出発した。 鏡川はそれほど増水していないようだ。 16時56分宿毛駅行きの特急あしずり9号とすれ違った。この電車は運休ではなかった。 線路が複線になったのでもうすぐ高知駅だ。 16時59分に高知駅に入線した。 そして、予定時刻の17時に高知駅に到着した。 電車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その12~窪川駅で志国土佐時代の夜明けのものがたりという列車を見かける~

15時51分に窪川駅を出発した。 太陽光発電が見えた。こんな天気では意味がないね。 16時6分、土佐久礼駅に到着した。 土佐久礼駅を出て5分位してまた奥に海が見えた。田んぼと海が見える風景は盆と正月が一緒に来たような得した気分だ。実際は海の近くでお米を作ると潮風がコメの味に影響を与えるのかもしれないが。 また海が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その11~同じ小京都でも杵築市や尾道市の方がより小京都を感じる~

15時10分に特急あしずり12号は中村駅を出発した。 10分ちょっとして海が見えた。太平洋である。 川が見えた。口湊川である。 海が近くに見えてきた。それにしても天気が悪い。台風9号が近づいてきているせいだ。 海岸線に出てきた。 同じく、台風9号の影響で海も荒い。 昨日とは全然違う。 昨日は海が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その10~出発まで中村駅で時間を潰す~

14時40分に中村駅に到着した。出発まで、まだ30分ほど時間がある。 今さらながら、駅のコインロッカーをチェックした。大きなスーツケースを入れる用のコインロッカーは一台だけあった。奥行きは分からないが、高さと幅だけなら、158cm(高さ×幅×奥行き)サイズのスーツケース、すなわち、飛行機に乗る際に航空会社に無料で預けられるサイズの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その9~最後はホテルで忘れずにお土産を買う~

階段を上り、一條神社の境内にやってきた。奥に見えるのが拝殿である。 左手にあるのがお守りなどを売っている所で、右奥にあるのが天神社である。 中村開府500年・国鉄中村線開通記念碑である。1968年が一条氏が土佐に来て500年、1970年が国鉄中村線の開通で、は現在土佐くろしお鉄道に変わった。 中村御所館跡の看板と御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その8~四万十川で川えび漁の船を見たからより美味しく感じる~

四万十川名物の川えびの唐揚げがやってきた。かっぱえびせんの匂いとも異なる香ばしい匂いだ。 小皿に移して食べてみた。香ばしくて美味しい。 えびの大きさもちょうど良いから、殻などが口に残らずに食べられる。 また、先ほどの四万十下りで川えび漁の船を見たから(https://gyo-yuji.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021四国旅行記2日目その7~かつおのタタキ&エビフライ定食はエビフライに名物を無理やりくっつけたのだろうか~

昨日からお世話になっているタクシーの運転手さんお勧めの季節料理たにぐちさんに行ってみると定休日で閉まっていた。 そこで、前日にタンデム自転車に乗って赤鉄橋(四万十川橋)に向かう最中に気になったお店(https://gyo-yuji.at.webry.info/202108/article_29.html)に行ってみることにした。ここも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more